ミツマタの群生見つけたよ!

淡い黄色の花がちょうど満開です。 ミツマタの群生は、近隣では綾部市の老富が規模が大きくて有名ですが、毛原の近くでも古くから自生、栽培していて、和紙の原料として使われてきました。 スギやヒノキの植林が大きくなって日光が当たらなくなり消滅しかけていたところを、間伐で日当たりが良くなったことで再び生育したのではと思っています。

元伊勢内宮参道マルシェ

毛原のちかくにあって「元伊勢内宮」と呼ばれる皇大神社で、3月24日に参道マルシェが開かれました。 毛原から出店した「どぶろく棚田の里&毛楽里」のテントでは、どぶろく、ブルーベリージャム、甘酒、復刻版「黒豆の粕漬」などを販売しました。 小雨がぱらつく不安定な天気にも関わらず顔馴染み方も多く立ち寄っていただき会話が弾みました。 売り上げは例年並みかな? 大江元気プロジェクト・ボランティアスタッフをはじめとした開催に尽力された皆さん、ありがとうございました。

新毛原民話集

新毛原民話集の第1作原稿が上がりました! 3月22日夜の毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクトのワークショップで、これまで積み上げた地域資源の中から、毛原に伝わる岩見重太郎の 仇討ち話、毛原峠の袈裟切地蔵さんと栽培予定の薬草ヨモギをテーマとした創作民話「ヨモギに助けられた剣豪」の原稿が出来上がりました。凄い‼️ 近々お目見えしますので、乞うご期待!

棚田オーナー始動

棚田オーナーも始動しています! 3月9日に棚田オーナーの初顔合わせがあり、自己紹介ののち、作業日程、連絡網などを話し合いました。午後には早速、電気柵の補修と田んぼの水切り作業をしました。 今年は、新しく大阪と京都市内から3組の皆さんを迎えて10組で13枚40アールの棚田でお米作りをします。 参加者の皆さんからは、「今年初の肉体労働で、翌日は肩、腕、首などいたるところが筋肉疲労で~す( ´;゚;∀;゚;)」「初めての農作業は皆さんと一緒に作業して楽しかった\(^_^)/」とメールもいただきました。

5月12日に田植え体感ツアー

先日の実行委員会で今年の田植え体験会の概要が決まりました。  日時は5月12日(日)午前9時30分から、午後2時ごろまでの予定です。 昨年はあいにくの雨降りのなかでの体験会でしたが、今年は青空のもと楽しく交流出来ることを期待しています。

最新記事
アーカイブ

​タグで検索

© 2016 keharanotanada.com