京都先端大フィールドワーク

きのうは亀岡市にある京都先端大学(旧京都学園大学)の学生さん30数人が毛原地域の取り組みを学びに来られました。公会堂での座学と、1時間コースで集落内の散策をしてもらいました。最近はこうした受け入れの機会が多くありますが、その都度もう少し広い部屋があればなあと感じています。

イノシシとシカの仕業

ストロベリームーンを眺めようと外に出ると、ガサガサ、ザザザーと裏の畑から逃げ去る音が!朝になって畑を見ると、ナスとシシトウの新芽がシカに食われている。ジャガイモはイノシシに掘り起こされて皆無。電気柵で囲っているのに...。なかなか捕獲許可が出ないのですが、早く駆除できるような行政の対応をお願いしたいです 。

どくだみの花

独特の匂いがあってどちらかと言えば嫌われもののどくだみですが、梅雨時に棚田の畦道や法面に清楚な白い花を咲かせます。古くから十薬(じゅうやく)として煎じて飲用されてきた薬草でもあります。小さいころ、ヘビはどくだみが好きだと聞いて、採ってきたヘビの頭にのせた記憶も...。  6/16(日)には、どなたでも参加してもらえるどくだみ採りを企画します。

ゲンゴロウのヤゴ発見

5月の体験会で田植えをした田んぼの水が不足気味なので点検していると、水の中に何か動く物体を発見!大きさは5センチぐらい。土の色に同化していて、写真が極めて地味ですが...。

ニンニクの収穫

少し早く植え付けたところのニンニクが収穫できそうだったので、雨が降るまでにと、太陽が照りつけるなか汗だくになりながら堀取り作業をしました。  生で食べる量は限られているので、発酵させて黒ニンニクにしようかと思っています。上手にできれば販売できるかも!?

最新記事
アーカイブ

​タグで検索

© 2016 keharanotanada.com