毛原放送局とケーラ

 1月12日夜は、共助&協働ワークショップ。路面が凍結し、鹿も出没する厳しい状況のなかでしたが、リモートを含めて11人に参加していただきました。

 メインテーマは、毛原放送局を中心にして地域通貨「けーら」を使って村外村民の皆さんと一緒に集落の経済を回す仕組みづくりです。事務局の負担や「けーら」の電子化など課題もありますが、実現に向け


て出来ることから挑戦していきたいと思っています。 


 ほかにも12月に創刊した毛原新聞の内容や、クラウドファンディングを進めているスマートスピーカーの運用など、充実した内容でした。次回は2月18日19時からです。


特集記事
最新記事
 
アーカイブ
タグから検索

© 2016 keharanotanada.com