縁側喫茶で一服どうぞ


 「毛原の棚田ワンダービレッジ」の取り組みで、民家の縁側を開放して縁側喫茶を行います。毛原を訪れた人と地元住民👴👵の交流を通じて毛原の魅力を発信します!  縁側で棚田の景色を眺め、お茶🍵などを呑みながらゆっくりとした時間を過ごしてもらえると思います。  まだ試行段階ですが、訪れた人に毛原ならではの安らぎを感じてもら得るのではないでしょうか!  毛原住民憲章では、「都会で忘れられた大切なことを、お届けします。」と掲げています。

(3月29日付 両丹日日新聞に掲載頂きました)

特集記事
最新記事
 
アーカイブ
タグから検索

© 2016 keharanotanada.com